診療メニュー

デトックス

1960年代頃までの公害問題による健康被害後、環境改善が図られ、表面的な公害は無くなりました。しかし、その当時のメチル水銀や、水道管の鉛管などは、今なお有害重金属として、人間の体内へ微量、慢性蓄積を続けています。これらの有害重金属を含めた環境汚染物質が、各種の病気の根源を生み出している可能性があります。

癌 遺伝子統合的治療

現在の癌治療は、外科療法、化学(抗癌剤)療法、放射線療法の標準治療に加え、複数の治療法が補完されて、統合医療的に行われています。

脂肪幹細胞再生治療

切り傷が出来た時、テープを巻いていると、傷口がふさがります。これは、皮膚の細胞が傷口を埋める細胞を複製する力をもっているからです。ただ、普通の皮膚は傷口がふさがれば、細胞増殖は停止します。